美術館の撮影メモ

2009年09月24日 00:00

先日の美術館での撮影メモです。
場所は照明暗めの美術館の地下。もちろんフラッシュ禁止。
被写体は元気よく走り回る子ども。
機材はkiss X2+EF50mm F1.8 Ⅱ。
絞り開放、ISO800、露出を2/3段くらい下げればシャッタースピードは1/50程度確保できそう。
手ブレはどうにかなりそうだったのでISO1600には上げず。

苦しかったのはピント合わせと被写体ブレ。
AIサーボで追随しても追いきれず、
置きピンで待ってもタイミングが合わなかったり、予想外の動きで空振りしたり。
結局、ピント合わせはAIフォーカスでカメラに任せ、とにかくたくさん撮って、
後で良いものを選ぶことに。
後で思えばシャッタースピード重視でISO1600を試してもよかったかも。

これは失敗例です。
090922-4
布団の山のトンネルをくぐる二人。
楽しそうな瞬間だったのですが、ピントはトンネルの向こう側に。残念。

こういう条件で撮影すると、
高性能AFとISO6400常用をうたう上級機が気になってきます。
090923-2
「これにすればいいよ。」
・・・とは言っていませんが、EOS 7Dの記事を見るこうた。

7D良さそうですが、私にはちょっと大きいかな。
50Dの後継機がコンパクトな中級機になってくれるとうれしいかも。
でも、ボディが買えるまで500円玉貯金を貯めていると、子どもは大きくなってしまいます。
一番早く打てる手としてはF1.4クラスの超音波モーター搭載レンズ。

奥様からは腕を上げる方が先と言われてしまいますが、
・・・機材によって撮れる写真に限界はあります(ボソッ)。


1:EOS Kiss X2/EF50mm F1.8 II
2:EOS Kiss X2/SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
----------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓を一日一回クリックして応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト


コメント

  1. まる | URL | yWLg4BnU

    Re: 美術館の撮影メモ

    USM内蔵のレンズを使うともう少しヒット率が上がるかも知れませんね。
    私もよく使うEF85F1.8はUSM内臓レンズの中でもAFは早い部類に入ります。
    これだと、結構ワンショットでもピントが合います。

    ただ、このトンネルはキツイですね。

    ポチ!

  2. さえパパ | URL | -

    Re: Re: 美術館の撮影メモ

    > Re:まるさん
    いつもありがとうございます。
    価格的にはシグマのHSMレンズが魅力的なのですが、
    性能的には純正のUSMレンズの方が上といった印象です。
    リングタイプUSMの中でもレンズによって性能差があるのですね。
    どれを選択するか悩ましいところです。

    トンネルは難しいですね。
    撮るとしたら出口付近を置きピンで狙うぐらいでしょうか。
    とっさにはなかなか対応出来ませんが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuutakouta.blog47.fc2.com/tb.php/103-fd97f679
この記事へのトラックバック