一眼レフとコンデジの違い

2009年08月07日 06:43

今回もカメラの話です。
一眼レフとコンパクトテジカメ(コンデジ)で同じ被写体を撮り比べしてみました。
090807-01
カメラ:Kiss Digital、レンズ:EF50mm F1.8 II
焦点距離:50mm、絞り:F2

090807-02
LUMIX DMC-LX3
焦点距離:5.1mm、絞りf2

上の一眼レフ写真の写真の方が背景がしっかりぼけていますね。
逆に、下のコンデジの写真はボケが少ないので周囲の状況が分かります。
この差は焦点距離によるもの。

コンデジは撮像素子(センサー)が小さいので
焦点距離(レンズから撮像素子までの距離)が短くなります。
焦点距離が小さいほどぼけ量が小さくなるので、
一般的なコンデジで背景を大きくぼかすことは難しいです。
(SIGMA DP2のような例外はありますが)
逆に背景もしっかり写したいときにはコンデジの方が有利かも。

また、ぼけ量は絞り値(F値)によっても変わります。
(F値が少ないほどぼけがおおきくなる)
一眼レフでもレンズキットのレンズだと開放F値がF3.5くらいなので
コンデジとあまり差のない写真になるかと思います。
上の写真のEF50mm F1.8 IIというレンズは9000円くらいで買えるCanonのお値打ちレンズ。
F1.8の明るさでレンズキットのレンズとは一味違った写真が撮れるのでお勧めです。

ちなみに上の写真を写したKiss Digital(初代kiss)は5年くらい前のカメラ。
画素数630万画素ですが、画質の良さはさすが一眼レフ。
最近、愛読しているブログMaru in MichiganさんがKiss DigitalとEF50mm F1.8 IIの組み合わせで撮っていることを知って、このコンビを見直しています。
スポンサーサイト


コメント

  1. まる | URL | yWLg4BnU

    Re: 一眼レフとコンデジの違い

    分かりやすいですね~!
    確かに、コンデジとデジ一は違いますね~。

  2. さえパパ | URL | -

    Re: Re: 一眼レフとコンデジの違い

    Re:まるさん
    明るい単焦点レンズをつかうと、コンデジとの差が分かりやすいですよね。
    ひさしぶりにコンデジを使うと、見た目に近く写るので、
    日常の写真では、生活感のあふれた写真になってしまいます。
    ぼけによるごまかしがきかない感じで、構図や背景選びに苦心しています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuutakouta.blog47.fc2.com/tb.php/47-ceb10957
この記事へのトラックバック